大阪⇔宮古島プロジェクト

大阪⇔宮古プロジェクトわたしたちは宮古島在住の仲間とともに連携をとって保護犬の譲渡を行っています。

事業の成り立ち

2014年頃から、大阪で一緒に地域猫活動をしていた仲間が宮古島に移住をすることになりました。

彼女はヨガのインストラクターで、大阪では2Fがスタジオ、1Fが保護猫シェルターという環境で活動をしていましたが、多くの保護猫を里親さんにつなげ、保護活動が一段落したところでスタジオを人に任せて地元を離れサップヨガの修行をするために移住したのです。それが、このNPOで監事を務めてくれているエリナちゃんです。

しかし、そこには驚くべき犬や猫の事情がありました…

野良犬ウロウロ、驚くべき宮古のアニマル事情

大阪ではとても考えれない野良犬と捨て犬の多さ、劣悪な飼育方法、病気に侵された猫たちの悲惨な姿… 捕獲されるとほぼ殺処分になってしまう行政センター…、頭を抱える課題が山積み。

移住してすぐに劣悪な飼育環境から犬を保護したり、迷い犬と出会ったエリナちゃんは、すぐに行動に出ました。

やっぱり保護活動スタート!保護カフェオープン!

宮古島でずっと保健所から殺処分寸前の犬を引き出しシェルターを運営してこられた宮古アニマルレスキューチームMARTさんと連携をし、犬の保護をはじめました。現地では保護動物の里親になるという選択肢がまだまだ少ないため、飛行機空輸で、犬や猫たちを関西や関東へ送り出し、預かりさんへ託して里親さんへつなげる活動も。

大阪⇔宮古島プロジェクト|特定非営利活動法人KATZOCーカゾックー大阪⇔宮古島プロジェクト|特定非営利活動法人KATZOCーカゾックー

そこで、大阪の受け入れ先のひとつになったのがこのNPO発足のもととなったネコアパートメント。そんな流れがあって、いろいろなタイミングのなかでこのNPOが発足し大阪⇔宮古プロジェクトが誕生しました。

大阪⇔宮古島プロジェクト|特定非営利活動法人KATZOCーカゾックー大阪⇔宮古島プロジェクト|特定非営利活動法人KATZOCーカゾックー

さらに、空き地を開拓して保護猫保護犬カフェBangs1-2をオープン。
大阪で得た知識や経験をもとに、宮古島に動物愛護や地域猫の価値観を広めていくことになりました。

大阪⇔宮古島プロジェクト|特定非営利活動法人KATZOCーカゾックー大阪⇔宮古島プロジェクト|特定非営利活動法人KATZOCーカゾックー

さらに、2018年5月にはゲストハウスのオープンも予定!

リゾート開発が進む影にひそむ現地の課題

都会に暮らしていると、沖縄をはじめ宮古島といえば、きれいな海や癒やされる自然を想像します。リゾート開発もどんどん進んでいます。けれど、その影には次々捨てられる犬や猫、あばら骨の浮き出た迷い犬、蔓延する感染病、つながれっぱなしでまともに散歩も連れて行ってもらえない飼育方法など、動物をめぐる課題は深刻です。

かたや、わたしたちの拠点である関西は今動物愛護、福祉がとても進んでいます。
行政では動物基金が設立され、理由なき殺処分ゼロのもと地域猫の課題や高齢者とペット問題など多岐に渡り問題解決にむけて行政も民間も動いています。

大阪にあって、宮古にないもの。
宮古にあって、大阪にないもの。

先を行く関西、遅れをとっている宮古、このふたつのまったく事情も環境も違う地域だからこそ、保護犬猫の空輸先になることで、里親さんを見つけたり、関西から観光で宮古の美しい自然に触れながらカフェとゲストハウスで楽しく保護犬に触れ合う体験ができて心もリフレッシュできるのでは…

そんなふたつの地域にできた縁を太くしていこうと思い、
大阪と宮古、勝手に姉妹都市プロジェクト」をすすめています。

 

from 宮古島

Bangs1-2カフェ
https://www.instagram.com/bangs1_bangs2/

宮古アニマルレスキューチームMARTさん
https://www.facebook.com/miyakojima.animal.rescue.team/

里親さんを募集している犬がたくさんいます。ぜひアクセスしてみてください。